ペニス増大サプリとペニス増大ポンプを比較!どっちが大きくなるの?

一番コンプレックスを感じやすいところは、やはりペニスに関してだと思います。

特に一番悩みで多いのが、このペニスの大きさに関してです。ヤフーの知恵袋なので検索しても、「ペニス増大」「ちんこ 大きく」「短小 ペニス」「ペニス増大薬」などのキーワードで沢山相談の記事がアップされ、多く検索されています。女性との行為をする時には必ず「披露」しないといけません。その時の女性の対応次第ではそれが一生のトラウマになっている人も多くおられます。
そんな方の救世主が「ペニス増大方法」です。現代ではペニスは大きくすることができます。ここでは2つの有メイン方法である、ペニス増大サプリとペニス増大ポンプを比較していますので、ご自身にあった方法でペニスを大きくしてもらえたらと思います。

 

ポイントは「効くまでの時間」と「コスパ」のバランス

 

ペニス増大で気にかかるといえば「痛さ」。これはやはりサプリに軍配が上がります。ようは痛くない、ということです。反対にポンプはペニスに機器を装着して力を加えるわけですから、どうしても直接的な痛み、違和感等が伴うことは避けられません。さらに、「弱くよわっていては効かないかもしれない」と、どんどん強く吸い上げてしまったりして後に痛みが……というケースもあります。この辺りの力加減は慎重に行いましょう。ただし、「増大するまでの期間」でいえば、これはポンプ側が有利ということになります。「痛み」と隣り合わせではありますが、やはり直接的な影響力というのは絶大のようです。口コミを見ても、「20cmに届きそう」、「みるみる大きくなっていくのが分かる」といったものが多数。逆にサプリは、「効いているのか分からない」、「時間がかかる」という不満の声が目立つので、「増大スピード」ではポンプ、ということになるでしょう。「コストパフォーマンス」はどうでしょうか?サプリは通常のビタミン系のサプリに比べるともちろん割高です。ポンプはピンキリですね。輸入ものが多いので、その分の料金も上乗せされているのしょうから、「高ければいい」というものでもないようです。一見サプリの方がコスパに優れていそうですが、「時間がかかる」ということは、「長く飲み続けなければいけない」というわけで、一概には言えないでしょう。体質にもよりますから。すぐに効果が出れば安く済みますが、そうでなければ長期戦ということにもなりかねません。

ポンプは安いものを買えば「買い切り」で、それ以上はお金はかからないものの、安すぎると粗悪品である可能性も。大切な「息子」ですから、見極めは非常に大事と言えるでしょう。

 

 

サプリとポンプのそれぞれの善し悪し

 

ペニス増大サプリ

【メリット】
どこでも、いつでも飲める
出先や長期間の出張などでも携帯出来る
サプリによっては「精力増進」効果もある
まとめ買いで安くなる場合がある
ポンプに比べて「増大」のための手間が不要(飲むだけ)

 

【デメリット】
安全性の不安
ポンプに比べて変化が目に見えにくい
サプリの飲み忘れ(毎日飲むのが面倒になる等)
通常のサプリ感覚からすると割高
体調、持病によっては利用できないことがある

 



ペニス増大ポンプ

【メリット】
効果が目に見えて分かる
筋トレ感覚で楽しめる
色んなパーツを使うので、“男子的な”、実験的な楽しさもある
共同購入が出来る

【デメリット】
値段が高いものがある
吸引に時間をとられる
使用するたびに局部を出さなければならない
使用後に洗浄が必要
衛生面での不安
サプリに比べて場所をとる
機器が破損する恐れがある
機器のメンテナンスの手間


 

ライフスタイルで選ぶサプリとポンプ

 

ライフスタイルによって、サプリとポンプ、どちらを選ぶかが変わってくると思います。例えばポンプは、家族がいる人は難しいでしょう。奥さんも理解の上でしたら構いませんが、そうでない場合は見つからないように増大に励むのは大変でしょうから、家族持ちの男性にはサプリのほうがオススメ。忙しい仕事の合間にもさっと飲めて便利ですし、出張先にも携帯していけますからね。1人暮らしの男性にはポンプが良いでしょう。色んな部品からなるポンプを組み立てて息子に被せるさまはある種「実験」のようで楽しいですし、1人暮らしであれば誰のことを気にすることなく、「増大時間」を確保することが出来ますからね。1つだけに絞らず、複数の種類を使い分けてみても面白いでしょう。生活環境の他に、コストパフォーマンスの面からも向き不向きがあります。サプリは手軽ですが、長期間飲み続けなければならない場合があることから、潜在的なコスパは「高い」と言えるでしょう。イコール、増大に資金を裂けない人には難しいでしょうね。でも、すぐに効果がある場合もありますから、少しだけで試してみると良いでしょう。ポンプは大切に使えば長持ちもしますから、コスパ的には優れていると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る